気になった夢を無料で診断出来る夢占い・夢診断サイト

夢でみたワードを入れてください。
(例)馬、ポストなど
夢占いの杜 ヘッダ画像

ジャンルから検索

夢占いの相談をする

夢占いとは?夢の中に隠された感情を読みとく夢診断

人は夜、眠るときに夢を見ます。
さまざまな情景が浮かび、誰かが、何かが登場し、ちょっとした一幕があって目が覚める。それが、夢を見るということです。夢の中のことを断片的にしか覚えていないこともあれば、起きた出来事、そのときに自分が感じたことも鮮明に覚えている、という夢もあるでしょう。
さて、曖昧で断片的な夢も、そしてもちろん目が覚めてからも感情が揺さぶられているような夢も、実はそれぞれにさまざまな意味を持っている、そのような考え方があります。
そこから生まれたのが、「夢占い」です。

夢占いの歴史

夢占いの歴史は古く、たとえば古代ローマでは皇帝ユリウス・カエサルが夢をもとに政治や戦争の吉凶を占ったことが文献によって明らかになっていますし、日本でも『古事記』の時代から夢占いがあったとされています。古代においては、「見た夢をもとに未来を占う」ということが多かったようです。
学問の分野でも、夢は研究対象のひとつでした。現代の精神分析学の基礎を築いたジグムント・フロイトやカール・ユングは夢占いを学術的にまとめ、人の心理を読みとく方法のひとつとして「夢診断」を確立させました。

夢は心の写し鏡

このようにして発展してきた夢占いは今、つむがれてきた歴史や学問の礎の上に成り立っています。
夢の中であなたが目にした情景、あなたが出会った人、夢の世界に起きた出来事。それらは、あなたの心の写し鏡のようなもの。そのように考えるのが、現代の夢占いです。
ふだん口にすることができない思い、言葉になる前の感情が夢という形になって表れているのです。
あなたは夢の中で誰に出会いましたか?どこにいましたか?何が起き、何を感じたのでしょうか。

夢の中で人は感情を整理する

無意識のうちに気にかかっていることがある、不安感を持っている、何かに不満を抱いていることがある、そんなとき、夢の中で人はその感情を整理します。
それらは言葉になる前の思いなので、情景や人物、出来事といったものとしてあらわれます。
夢占いは、夢の情景や人物、出来事を読みとき、言葉に置き換えてくれるものです。
夢占いによって、あなたは、実は心の奥底にあるけれども意識していなかった感情に気づくことができるでしょう。
このサイトでは、夢について解説したうえで、夢の中に隠された感情を読みとくための夢占いを、無料で提供しています。
これまでに気づけなかった思いが明らかになることで、あなたがすべきことが明らかになります。