気になった夢を無料で診断出来る夢占い・夢診断サイト

夢占いの杜 ヘッダ画像

回答No137

夢占い『気がつくと手術が終わっていて、右目を摘出しました』

お名前

arezzoさん(男性)

相談内容

気がつくと、手術が終わっていました。
事故か病気か何かはわかりませんが、その何かにより右目を摘出することになったそうです。
右目がないという感覚はありましたが、視界に何ら変わった様子はありませんでした。
また、医者はいたような気がしますがほとんど印象に残っていません。
白衣の医者が回想でちょろっと出てきたくらいだったような気もします。

 話によると一週間後くらいに視力をあげて(現実世界の私の視力は両方とも低いです)戻すらしいです。
誰から話を聞いたというわけではありませんでしたが、なぜかそうであることを知っていました。
 はあ、終わったのかという気持ちのもと手術台(?)から上半身を少し起こしあたりを見ようとすると左手の指が一本なくなっていることに気がつき左手の指を動かしてみました(なくなっていた指は中指か薬指かどちらかでしたが記憶が定かではありません(この夢の中で、という意味ではなくて今の自分が覚えていない)すみません)。

 ここまででまず夢が一区切りされて別の夢に移り変わります。
ですが設定としてこの手術後であり、右目と左手の指一本はないままです。

 父親とマクドナルドに行きました。
今マクドナルドにいて、安い方のメニューを食べ終わったところです。
父親とは向かい合って白いテーブルを挟み座って向かい合っています。
何を食べたのかはよくわからず(とりあえずハンバーガー系の何かではあるが)ということや「何かを食べた」という経験はこの夢の中で(したことにはなっていますが)していません。
 そしてこのマクドナルド、英語圏の国のマクドナルド、つまり外国にいます(私は以前現実世界でオーストラリアに留学した経験はありました)。
 ここで父親が50ドル分のクーポンがあるからもっと頼もうと提案するのですが(日本語でか、英語でかはよく覚えていません)、クーポンの有効期限が近いため近くにいた人に分け与えます(この時父は英語で見知らぬ少年に話します)。
 去ったわけではなく、気がつくこともなく父はいなくなり別の少年が英語で私に「これはTV番組なんだよ」と私に話しかけ「カメラはどこか」と私はその少年に聞きます。

この場面では左手の指と右目を意識することがなかった(気がする)ので、もしかしたら別の夢だったのかもしれません。

そして目が覚めました

回答

arezzoさんご相談ありがとうございます。
この夢で相談者が好きなワード

この夢で相談者が嫌いなワード
の一本ない左手

上記のご相談内容の夢占い結果は
夢占い 失う 夢占い 父 夢占い マクドナルド

のキーワード結果に該当します。
是非こちらもご参照ください。


気がつくと、手術が終わっていました
事故か病気か何かはわかりませんが、その何かにより右目を摘出することになったそうです
右目がないという感覚はありましたが、視界に何ら変わった様子はありませんでした
また、医者はいたような気がしますがほとんど印象に残っていません
白衣の医者が回想でちょろっと出てきたくらいだったような気もします。


これはarezzoさんが右目をなくしているのは、実際に現実社会でなくした物を意味しています。
物なのか、友達なのか、恋人なのか。
ここで重要なのはということ、右左どちらでもいいんですが、大事なのは片方なくしても一応はまだ見えるという点です。
つまりは現実において、無くした物はなくても生きてはいけるけども、本当はなくしたくなかったと思っている心情を表しています。


話によると一週間後くらいに視力をあげて(現実世界の私の視力は両方とも低いです)戻すらしいです
誰から話を聞いたというわけではありませんでしたが、なぜかそうであることを知っていました。
はあ、終わったのかという気持ちのもと手術台(?)から上半身を少し起こしあたりを見ようとすると
左手の指が一本なくなっていることに気がつき左手の指を動かしてみました
なくなっていた指は中指か薬指かどちらかでしたが記憶が定かではありません
(この夢の中で、という意味ではなくて今の自分が覚えていない)すみません)。
ここまででまず夢が一区切りされて別の夢に移り変わります。ですが設定としてこの手術後であり右目左手の指一本はないままです。


これはまた無くした物が手に入る、元通りにはなるだろうと思っている心境です。
ここの部分の指一本ないというのは、先ほどの右目が夢の中で入れ替わっているだけですので、
同じ意味でなくした物となります。
目が指に代わっただけで、夢ではよくある事です。


父親マクドナルドに行きました。
マクドナルドにいて、安い方のメニューを食べ終わったところです。
父親とは向かい合って白いテーブルを挟み座って向かい合っています。
何を食べたのかはよくわからず(とりあえずハンバーガー系の何かではあるが)
ということや「何かを食べた」という経験はこの夢の中で(したことにはなっていますが)していません。
そしてこのマクドナルド、英語圏の国のマクドナルド、つまり外国にいます
(私は以前現実世界でオーストラリアに留学した経験はありました)。


こちらは場面変化なだけですね。
arezzoさんのいうようにオーストラリアの留学経験での思い出で外国マクドナルドにいるのでしょう。


ここで父親が50ドル分のクーポンがあるからもっと頼もうと提案するのですが
(日本語でか、英語でかはよく覚えていません)、
クーポンの有効期限が近いため近くにいた人に分け与えます(この時父は英語で見知らぬ少年に話します)。
去ったわけではなく、気がつくこともなく父はいなくなり別の少年が英語で私に「これはTV番組なんだよ」と私に話しかけ「カメラはどこか」と私はその少年に聞きます
この場面では左手の指と右目を意識することがなかった(気がする)ので、もしかしたら別の夢だったのかもしれません。
そして目が覚めました。


なるほど。クーポンのくだりからTV番組のくだり。要するに「番組」である。
つまり失った物は本当はなかった事にしたい。
嘘であってほしいという願望の現れになります。

つまり、現実社会で失った物を自分は
「それがなくても大丈夫だ」と言い聞かせてはいるのですが、
本当は取り戻したい、なくしたという事実をなかった事にしたいという心の本当の気持ちが表れている夢でしょう。

ご相談投稿日:2017-03-31

( )

キーワードから検索

ジャンルから検索

夢占いの相談をする